塗装・防水工事

外壁塗装

外壁のひび割れ、塗装の剥がれやふくれ・錆汚れ・苔・カビなど、年月が経つにつれ建物は少しずつ劣化していきます。
「今の生活には支障ないから塗り替えなくても大丈夫だろう」と思ってしまいがちですが、そんなことはありません。
外壁塗装は外観の美しさだけではなく、サイディングやモルタル・タイルや木板などの外壁素材の耐久性を維持するために必要なメンテナンス。

塗り替えをせず放置しておくと、雨漏りや建物内部の下地などへの浸水によって建物自体が傷んでいきます。
最悪の場合は大規模改修や建て替えという最悪のケースになることもあります。

塗装の種類・環境によりますが、約10年前後で外壁の塗り替えが必要だといわれています。
塗り替えの時期が近づいているな、外観のリフォームをしたいなと思ったら、お気軽に当社までご相談ください。
住まいの健康と美しい外観を保つお手伝いをいたします。

こんな症状は塗り替えのサイン!外壁のセルフチェック

【1】外壁が色あせている
【2】外壁がひび割れている
【3】塗膜が膨れている
【4】塗膜に剥がれやめくれがある
【5】外壁にコケやカビが生えている
【6】外壁に錆汚れがある
【7】触ると粉がつく
【8】雨漏りしている
【9】その他

上記のような症状は塗り替えのサイン。
その他にも気になる症状がございましたら、お気軽に当社までご相談ください。

▼お問い合わせはこちら

【電話】 080-6131-1992
【営業時間】 8:00~20:00
【メール】こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【対応エリア】 奈良県中心に大阪府・京都南部・三重県にお伺い

屋根塗装

雨や直射日光などから私たちの暮らしを守ってくれている建物の屋根。
猛暑日には40℃~50℃まで温度が上がり、真冬には雪が積もり、梅雨や秋雨の時期にはずっと雨に当たりつづけています。

普段あまり目にする箇所ではないため、傷み度合いのチェックが困難な屋根ですが、目安として外壁に気になる症状がもしあるなら、同様のトラブルが発生している場合がほとんど。

また、外壁塗装と屋根塗装は同時に行った方が、足場工事の費用を抑えられるというメリットもあります。
外壁の塗り替えの際には、屋根の塗り替えもいっしょにご検討ください。

当社では建物の立地条件や暮らしている人の生活に合わせて、最適な塗料で塗り替えを行います。

塗料の種類

断熱塗料
熱の伝導を抑える特性を持つ断熱塗料。
夏場の太陽熱が室内に伝わるのを防ぎ、冬場は室内の熱を外へ逃がさないため、四季を通して快適な室内環境が実現します。

遮熱塗料
太陽の近赤外線を反射することで、室内温度の上昇を防ぐ遮熱塗料。
製品によっては、屋根の表面温度上昇を最大で10~15℃も抑制することが可能です。

光触媒塗料
お子様や高齢者がいらっしゃる家庭で、環境を見直したいご家庭にオススメな塗料。
光を照射することで有機物を分解し、カビや排気ガスによる汚染を防止します。
また、ホルムアルデヒドなどの有害物質を削減することもできます。

防カビ・防藻塗料
カビや藻はそれ自体が湿気を多く含むため、屋根材を傷める原因になりやすいもの。
日当たりの悪い立地の場合、特にこの塗料がオススメです。

一覧ページに戻る