リフォーム業界のヒミツ

本当にその工事、リフォーム屋さんでいいんですか?

今は建築関係の会社さん、職人さんは無数にいます。

もちろんほとんどの会社さん職人さんは真面目なところですが、ごく稀に、ごく稀に、たまーに、怪しいところまで。

今回は真面目なお話。

例えば屋根の手直しをしたいと思って、大手の総合リフォーム屋さんに頼んだとします。

問い合わせしたら、その総合リフォーム屋さんの営業マンが現地に調査にきますね。

その後、お見積もり書作成、確認、納得出来れば工事、という流れです。

でもそれって実は、かなり損してるんですよね。

その理由として、まず総合リフォーム屋さん(A)とします。

Aがお客様から受注後、内容に合った様々な専門業者に仕事を振ります。

屋根屋(B)

壁屋(C) 

水道屋(D)

ペンキ屋(E)

B~Eの業者はまず見積もりをします。しかし

工事ギリギリ程度の金額に値下げを要求され、B~Eの業者は受注、そしてAは、B~E全ての金額に相場、約10~20%程度上乗せします。

そして上乗せした金額の合計に、そこからまたAの手数料という謎の5%~10%上乗せして、完成するのがお客様にお渡しするお見積もり書になります。

全てとは言いませんが、結構こんな感じです。

では何故、Aの様な総合リフォーム屋がお客様からお問い合わせが来るのか?

次回に続く。


一覧ページに戻る