塗装工事なら4回塗りがおすすめ!

いつも当社のブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。
今回は塗装工事の4回塗りについてご紹介したいと思います!

4回塗りとは?

そのままの意味ですが、4回に分けて塗装することです、下塗り・下塗り・中塗り・上塗りの4工程に分けられます。
当社を含めた多くの塗装業者では、通常は下塗り・中塗り・上塗りの3工程が基本です。

しかし、お客様のご要望に応じて4回塗りをご提案したり、中にはお客様から4回塗りをしてほしいとご指示いただくこともあります。
当社でも4回塗りを推薦しており、その理由は単純に「仕上がりの良さ」「塗装後の耐久性」が違うからです。

 

なぜ下塗りを2回も行うの?

下塗りの目的は、弱った建材を強化するためです。
単純に1回で行うよりも2回に分けた方が補強の度合が高くなります。

1回目の下塗りと2回目の下塗りの役割の違いは以下の通りです。


□ 下塗り1回目
浸透性の高い塗料を建材に染み込ませることで、ヒビ割れている箇所を補強します。


□ 下塗り2回目
2回目は細かいヒビを埋め、建材自体にしっかりとした防水膜を作ります。
これにより、上塗りの耐久性を高めるのです。


 

当社の4回塗りはここが違う!

1.  美観がまるで新築時のような輝きに
当社ではしっかりとした現地調査の上、お住まいに適した塗料を使用しております。
さらに4回塗りにより仕上がりが長持ちするので、他とは違うキレイな仕上がりが実現します。


2. 耐久性が高い!
4回塗りは3回塗りと比べて、およそ2~3年程耐久性に違いが出てきます。
さらに熟練の職人により施工いたしますので、仕上がりには自信があります。
※耐久年数は立地環境などにより前後する場合がございます。


3. トータルコストが安く抑えられる!
通常3回塗りのところを4回塗りにするとなると、その分施工金額は上がります。
しかし予算をアップしていただくことで、結果として耐久性が上がるため、長い目で見ると4回塗りの方がコストを安く抑えられます。


当社の工事に関して、詳しくは以下をご覧ください。

選ばれる理由≫

▼お問い合わせはこちら

【電話】 080-6131-1992
【営業時間】 8:00~20:00
【メール】こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【対応エリア】 奈良県中心に大阪府・京都南部・三重県にお伺い


一覧ページに戻る